CREATIVE BASE

学校案内

日本デザイナー学院ことニチデは、
夢をつかむために“自分のベース”をつくる場所。

考え、深め、発信できるクリエイターへ。ニチデが、キミの原点になる!

ニチデの教育方針

1.アイデアを表現するスキルを
基礎(アナログ)からきっちり
積み上げていく

ニチデの教育方針

2.アイデアをカタチで表現し、
企画・提案できる力を伸ばす

ニチデの教育方針

ニチデには講師や仲間と「対話」から学び、多様な考え方やアイデアに触れながら、自ら生み出していく力を磨く環境があります。

ニチデの特色

クリエイターを目指す学生たちに、
ニチデが選ばれるのには理由があります!

少人数クラスで
じっくり学べる
アットホームな校風

ニチデの教育方針

1.アットホームな校風の中、
社会人に必要なマナーも学べる

2.個性を見つけて伸ばす、
少人数クラス編成の授業

基礎から実技まで、
専門分野の深い学びに
夢中になれる環境

ニチデの教育方針

3.基礎から専門分野まで、
初心者にも丁寧に徹底指導

4.じっくり学び、
自分のペースでスキルアップ

5.実技中心の授業で
実践力を身につける

6.プロのデザイナーとクリエイターが
直接指導

50年の伝統と実績で、
学生の夢実現と
就職を力強くサポート

ニチデの教育方針

7.業界へプロを輩出し続ける
50年の伝統と実績

8.地域・企業との関わりを通じ、
「真の社会人」を育成

9.学生の夢実現を支え、
東京への就職もサポート

ニチデで目指せる仕事

クリエイティブ分野

クリエイティブなシゴトは、あなたの生活の身近なところにあるもの。多くのクリエイターが関わって作りあげる、プロの世界をのぞいてみよう!


  • 新商品プロモーションのシゴト

    あなたが街やお店、CMで目にする商品のプロモーションには、広告企画からデザイン、撮影までたくさんの専門分野のクリエイターが携わっています。


  • 雑誌・PR誌の制作のシゴト

    イラストや写真を効果的に配置しながら、読みやすく、伝わりやすい誌面デザインに仕上げます。記事の内容に応じた、冊子ならではの専門知識が必要な仕事です。


  • インテリア・ものづくりのシゴト

    アクセサリーや雑貨のデザイン、インテリアコーディネートには、色彩やデザインの専門知識、プロのセンスが求められます。

アート・ゲーム分野


  • ゲーム制作のシゴト

    ゲーム開発の現場は、たくさんの専門分野のスタッフが関わるチームワークの仕事です。制作に関連する幅広い活躍の場で、それぞれの技術のプロが専門スキルを発揮して活躍しています。


  • イラストのシゴト

    商品をPRするキャラクターデザインの制作や、コミックの世界観を表現するイラストなど同じイラストの仕事でも活躍の舞台はさまざま。得意分野を活かしたプロを目指します。


  • マンガのシゴト

    練りに練ったストーリーと個性のある絵で、読者の心をつかむマンガを生み出す仕事。店頭で販売されているコミック誌のほか、スマホ用のマンガアプリなど活躍の場も進化しています。


  • アニメのシゴト

    アニメ制作の現場では、プロデューサーや監督のほか、作画監督、アニメーター、背景美術、そしてアニメ声優など各工程で専門分野のスタッフが携わって制作しています。

ニチデの歴史

活気とチャレンジ精神にあふれた福岡の地に開校して50年の専門学校日本デザイナー学院九州校。感性豊かな人材を育成し、プロの世界へと送り出しています。

  • 1968

    日本デザイナー学院九州校設立

  • 1970

    事務機ビルへ移転

  • 1977

    大博多ビルへ移転

  • 1981

    日本デザイナー学院九州校
    校長に西島伊三雄就任

  • 1982

    日本デザイナー学院九州校
    博多駅前に校舎落成、専門学校認可
    専門学校日本デザイナー学院九州校に校名変更

  • 1991

    学校法人九州呉学園設立

  • 1992

    学校法人九州呉学園の設置校
    専門学校日本デザイナー学院九州校

  • 2002

    専門学校日本デザイナー学院九州校
    校長に中村誠就任

  • 2004

    専門学校日本デザイナー学院九州校
    校長に大庭香代子就任

  • 2015

    新校舎落成


専門学校日本デザイナー学院九州校は、「認可校」です。

日本デザイナー学院の卒業生には「専門士」(文化・教養専門課程)の称号が付与されます。「専門士」の称号は、共通した基準に基づいて文部科学大臣が認定する学科に付与され、その社会的評価と信頼は安定かつ恒久的なものです。