高校1年生のみなさんへ

将来の夢や進路を考えたことはありますか?
考え始めるタイミングは人それぞれです。
ですが、進路を考え始めるのに
早すぎるということはありません。
まずは自分のスキなもの・興味のあるものから
どのような進路があるのかを考えてみましょう。

スキなもの・興味のあるものは何ですか?

デザインやイラスト
グラフィックデザイナー
ポスター、新聞、雑誌広告、名刺、フライヤー、CDジャケットなど印刷物のグラフィックをデザイン。店舗の看板などもデザインします。
パッケージデザイナー
商品の箱や袋、容器などのパッケージや、店舗のショッピングバッグなどをデザイン。
デザインひとつで売上に影響する重要な要素です。
CGデザイナー
コンピューターを使い、2次元または3次元のグラフィックスを作成。
映画、ゲーム、建築や車、機械の設計など様々な分野で活躍できます。
エディトリアルデザイナー
雑誌、カタログ、各種マニュアル本などの書籍をデザイン的に美しく、機能的に読みやすいように編集する仕事。広告や出版などで幅広く活躍できます。
ゲームデザイナー
ゲームのストーリー、システムなどの設計を行う、ゲーム制作に欠かせない職業。
クリエーターとのコミュニケーションスキルも必要になります。
イラストレーター
依頼により情報伝達やコミュニケーションを目的としたイラストを描く職業です。
広告のほか、挿絵、表紙、パッケージなど活動の場は幅広くあります。
POPデザイナー
スーパーやデパートなどの店頭で、店員に代わり商品説明や販売促進をするPOPをデザイン。売上を左右する重要な役割だけにやりがいも十分!
アートディレクター
雑誌・Web・広告などの視覚的表現の責任者です。
制作過程においてチェックを行い、統一感のあるクオリティの高い作品を作っていきます。
CFプランナー
テレビ、映画、インターネットなどのCF(commercial film)のアイデアをプランニングする職業。Webメディアでの活躍が注目されています。
Webデザイナー
Webサイトのデザインやレイアウトのほか、コーディングなど様々な技術が必要。
注目のメディアだけに、次々と斬新な表現が生まれています。
絵本作家
絵と文章(ことば)を駆使して自分の想いを表現。絵本はヒットした場合、全国の学校や図書館に置かれたりとロングセラーも期待できます。
アニメーター
アニメーションの原画、動画などを描いたり、彩色する職業です。
実力を磨けば、作画監督やキャラクターデザイナーへのステップアップも!
プランナー
グラフィックデザインやCMのプラン、新商品の企画、地域のイベントプランなど、ジャンルを問わずアイデアと企画でチームをリードします。
映像クリエーター
テレビの番組制作、CF、Webコンテンツ、アニメーションなどの製造の企画から制作に携わる職業。チームをまとめる能力も重要です。
映像編集者
録画された映像を、不要な部分をカットしたりして放送時間に合わせて編集する職業。
また番組内で使用される録画映像素材も作成します。
キャラクターデザイナー
新しいデザインのキャラクターを生み出す職業です。複数のメディアやさまざまな場面で使われることを想定し、多くのイラストを作成します。
マンガ家
自分の世界観をマンガで表現。マンガ誌に連載をもったり単行本を出版して活躍します。
アニメやゲームとのメディアミックスで大ヒットも!
マンガ家アシスタント
背景や小物を描いたり、トーンを貼ったりなど、納期との戦いであるマンガ家をサポートする重要な職業。マンガ家の仕事を現場で学べます。
漫画やアニメ
マンガ家
自分の世界観をマンガで表現。マンガ誌に連載をもったり単行本を出版して活躍します。
アニメやゲームとのメディアミックスで大ヒットも!
アニメーター
アニメーションの原画、動画などを描いたり、彩色する職業です。
実力を磨けば、作画監督やキャラクターデザイナーへのステップアップも!
ゲームデザイナー
ゲームのストーリー、システムなどの設計を行う、ゲーム制作に欠かせない職業。
クリエイターとのコミュニケーションスキルも必要になります。
イラストレーター
依頼により情報伝達やコミュニケーションを目的としたイラストを描く職業です。
広告のほか、挿絵、表紙、パッケージなど活動の場は幅広くあります。
マンガ家アシスタント
背景や小物を描いたり、トーンを貼ったりなど、納期との戦いであるマンガ家をサポートする重要な職業。マンガ家の仕事を現場で学べます。
絵本作家
絵と文章(ことば)を駆使して自分の想いを表現。絵本はヒットした場合、全国の学校や図書館に置かれたりとロングセラーも期待できます。
作画監督
複数の原画マンによる作画のズレを修正して揃えたり、キャラクターが演出プラン通り演技できているかをチェックする作画における責任者です。
仕上げ(彩色)
鉛筆で作画された原画や動画をスキャン、トレースしてデジタル化し、ペイントソフトなどのデジタルワークで線補正や彩色を行う職業です。
色彩設計
誰が彩色してもズレが生じないようにキャラクターなどの色を決める職業。
作品の雰囲気をつかみながら、様々なシーンのカラーを設定します。
制作進行
動画・原画作成、彩色、背景美術など、アニメ制作に携わる各ポジションのスタッフを補佐し、制作をスムーズに進行させる重要な職業です。
背景美術
キャラクターのバックにある建物や風景などの背景の絵を描く職業。
作品のトーンやクオリティを左右するための専門的な技術が必要です。
美術監督
アニメーション制作のテーマやコンセプトに沿って背景画の細かい設定をとりまとめるほか、作品全体の美術面において総合的に管理する職業です。
編集・コンポジット
カメラアングルやライティングの設定、キャラクターと背景の合成をデジタルで行います。特殊効果を追加したりして、最終的な仕上げを行います。
アニメ監督
劇場用アニメやテレビシリーズ全体の総指揮をとる制作部門においての責任者。アニメ制作会社所属のほかフリーランスのアニメ監督もいます。
アニメプロデューサー
作品の企画から完成までのクリエイティブ面を総括しながら、スポンサー獲得や資金調達、予算管理などのビジネス面の業務も行う重要な職業です。
声 優
アニメ声優
アニメーションのキャラクターに合わせて声を吹き込む職業です。
イベント出演も増え、声の演技力はもちろん、歌唱力なども求められます。
洋画声優
俳優の演技に合わせて日本語を吹き替える、呼吸ひとつにも気を配る繊細な職業。
何十年にもわたり人気俳優を担当している声優もいます。
ゲーム声優
ゲーム作品のキャラクターを演じて声をあてる職業。ゲームのビジュアルのクオリティの高まりにつれ、声優の演技力が必要とされています。
ナレーター
テレビ番組やラジオ番組、CM、店内放送、交通機関のアナウンスなど、仕事に合わせた高いスキルが要求される分、やりがいがあります。
ゲームやCG
CGデザイナー
コンピューターを使い、2次元または3次元のグラフィックスを作成。
映画、ゲーム、建築や車、機械の設計など様々な分野で活躍できます。
デジタル映像クリエイター
3DCGなどの表現を駆使し、ゲームやアニメ、CMの業界でデジタル映像全般の作成に携わる職業。Web動画製作などの活躍も期待されます。
ゲームデザイナー
ゲームのストーリー、システムなどの設計を行う、ゲーム制作に欠かせない職業。
クリエイターとのコミュニケーションスキルも必要になります。
3Dモデラー
3DCG空間の中にキャラクターや建築物などの3Dモデルを作る(モデリング)職業です。
複数のモデリングソフトの知識や習得が必要です。
ゲームプログラマー
C言語などの開発言語を使い、ゲームのプログラミングをする職業。ゲームメーカーやゲームの制作プロダクションが主な就職先となります。
ゲームプランナー
新しいゲームの企画やアイデアを考え実現をめざす職業。コンセプト設定、企画書・仕様書作成など柔軟なスキルと発想が必要です。
ゲームディレクター
様々な職種のスタッフの役割を把握し、ゲーム制作の現場で実際に指揮を行います。
ゲームのクオリティに関わる重要な職業です。
コンピュータプログラマー
プログラム言語を用いて、SFが作成した仕様に合わせプログラムを組み、会計や物流などのシステムやソフトウェアを作る仕事です。
写 真
スタジオカメラマン
写真スタジオをメインに、成人式やご家族の記念写真などを撮影する職業。自然な笑顔を引きだすコミュニケーション力も欠かせません。
広告カメラマン
クライアントである企業から仕事を受注し、要望に沿った写真撮影をする職業。
商品、人物、風景など様々な撮影技術が必要になります。
報道カメラマン
テレビ局、新聞社、雑誌社などに所属したり、フリーランスとして事件などの現場に直行し撮影するカメラマン。取材を行う場合もあります。
レタッチャー
撮影された写真に画像処理を施し、広告目的に沿って豊かな表現に仕上げる職業。
写真や撮影の原理を知っているからこそできる職業です。
写真家
写真集の発売や写真展の開催など、写真を表現の手段として生計を立てる職業です。
写真風景やCGを用いた芸術的ものなどジャンルも様々です。
カメラマンアシスタント
機材整備や設置、カメラテイスト時のモデルや、カメラマンの代わりに動いたりと、カメラマンの仕事全般をサポートする職業です。
雑貨やアクセサリー
アクセサリーデザイナー
お客様のニーズを的確に反映させ、カジュアルで普段使いできる指輪やイヤリングなどのアクセサリーをデザインする職業です。
雑貨デザイナー
暮らしの彩りに欠かせない、雑貨をデザインする仕事。雑貨ショップやブランドで働くデザイナーが多いです。素材に関する専門知識も必要です。
アーティスト
技術、コミュニケーション能力を活かして、「モノづくり」で自分のイメージを表現、フリーランスアーティストです。
ショップスタッフ
好きな雑貨やアクセサリーに囲まれて働ける喜び。トレンドを理解しお客様におすすめするなど、接客のスキルも必要とされる職業です。
バイヤー
市場の動向や店舗の売れ筋商品を把握し、雑貨・アクセサリーを発掘し仕入れ。
分析力やセンス、交渉力が必要とされる魅力ある職業です。
ショップオーナー
雑貨やアクセサリーをデザインし、仕入れ、発掘し、セレクトショップのオーナーとして
ショップ経営を始めるという選択もあります!

高校卒業後はどんな進路があるんだろう?

専門学校
1年~4年制課程で、ある専門分野に対しての実践的な授業を中心に学び卒業後に即戦力となる人材を育成します。そのため、専門的な技術・知識を身につけることができ、専門分野への就職率が高いことが特徴です。
短期大学
2~3年課程で、専門科目と教養科目を学びます。大学に比べると実践的な授業が多く、専門学校と大学両方の特徴を少しずつ合わせ持っています。
大学
4~6年制課程で、学術的な学問や教養を学びます。時間割を自分で組むため、自己管理能力が培われます。サークルや研究室、ゼミなどで協調性や自主性を培うことができ、社会人としての基盤を作ります。

どんな学校があるんだろう?

進路選びに、情報収集はとても大切です。
興味のある分野を見つけたら
1、2、3のステップで学校を探してみましょう!

1.資料請求をしよう

高校の進路資料室などにある資料やパソコンでどのような学校があるのか調べて興味を持った学校のパンフレットを資料請求してみましょう!

2.進路相談会へ参加しよう

全国各地で行われる進路相談会へ行き、興味のある学校の先生に相談や質問をしてみましょう。進路相談会へは無料で参加できます。

3.オープンキャンパスへ参加しよう

パンフレットや進路相談会で興味を持った学校へ家族や友達と行ってみましょう。学校により、無料送迎バスや交通補補助制度など様々なサポートもあり気軽に参加できます!

日本デザイナー学院についてもっと知ろう!

Copyright (c) NIPPON DESIGNER GAKUIN. All rights reserved.