声優科 2年制

声優科のポイント!

アニメやゲーム業界に留まらず、幅広いフィールドで活躍する声優。本科では、プロの声優・ナレーターによる少人数制クラスで個別レッスンや指導を行います。言語基礎から呼吸法・発声法、ボイストレーニングなど、声優としての基礎から応用を学ぶことができます。

声優として息の長いアーティスト活動を送るためには、自分の声色を自在に操ることも大切。そのために身体トレーニングやアフレコ、レコーディングなどの様々な場面を想定した実践的な授業を行い、一人ひとりの個性を生かし、第一線で活躍できる声優を育てます。

オーディションを勝ち抜くための技術・知識を身につける前に、「自信」をつけることからはじめます。その上で自己スキルアップを図る授業や、オーディションに必要なボイスサンプル制作などを通して、喋り手としての技術・知識を磨き、デビューを目指していきます。

声優科 生徒作品

プロの声優・ナレーターによる個別レッスンで個性と実力を兼ね備えた本物の声優へ。

声優の養成所による学校単独オーディションは2年次に全員受けることができます。また、声優プロダクション主催のナレーションコンテストにも参加することができます!!

在学中に現役の声優から添削指導を受けられます。「アクセント」(東京)は、声優やナレーターを約80名も抱え、アニメ、吹替、ナレーションなど多方面で活躍している会社です。

声優アワードとは、その年度に「最も印象に残る」声優や作品を対象に、その業績を称える「声優を対象とするアワード」として2006年に創設されました。 そのプログラムの一環として、新たなる人材の育成を目的に声優の新人発掘を目的とした「新人発掘オーディション」に声優科 林 祐衣さん(福岡県 第一薬科大学付属高等学校出身)と繁田 翔吾さん(大分県立森高等学校出身)がオーディションに挑みました。

最終選考オーディションは1300名の中から、一次審査で書類選考(プロフィール・音声など)による厳しい審査を通過した36名で行われ、最終選考に残るのも厳しい中、林さんと繁田さんが多くの声優が活躍されている某プロダクションに、見事合格を頂きました!!

声優科のカリキュラム

講義科目
イングリッシュトーク
キャリアカウンセリング
基礎科目
言語基礎
音声表現
ボイストレーニング基礎
ボイスサンプル
パフォーマンス
基専門科目
アフレコ I
アフレコ II
アフレコ III
デジタルデザインI
デジタルデザインII
ダンス&ボーカル
メイクアップ
ファッションセンス
クリエイティブワーク
演技表現
フリートーク
ラジオ放送
選択科目
オーディションI
オーディションII
特別科目
特別講座
国内研修
海外研修
学園祭
卒業作品展

声優科在校生の声

「レ・ミゼラブル」の舞台を観て、平野綾さんの演技や歌声に感動し声優を志しました。ニチデを選んだのは、呼吸法、発声法、ボイストレーニングなど、声優として必要なものが学べるから。入学してみて大正解!先生の指導が手厚く、おかげで毎日、夢に向かって全力で取り組んでいます。

オープンキャンパスへ行こう!

Copyright (c) NIPPON DESIGNER GAKUIN. All rights reserved.